噛み合わせ

噛み合わせが悪いと、どうなる?

噛み合わせが悪い、歯並びが悪いと、虫歯でなくても歯が痛んだり、しみたりということがあります。また顎関節症の原因ともなり、さらには過度な力がかかってしまうため、歯が破折してしまったり歯が揺れてくることもあります。そして歯と歯の間の細かな部分までしっかりとブラッシングすることができないと、虫歯になりやすいなどの影響が考えられます。

またそうした歯に対する影響だけでなく、頭痛や肩こりなどの症状を引き起こす場合もあります。「噛み合わせが悪い」と聞くと、どうしても歯(あるいは口)だけの問題ととらえがちですが、こうして体の様々な部分にも影響を及ぼすものなのです。

健康な歯を維持する上で、正しい噛み合わせは重要

正しい噛み合わせ、歯並びであれば、特定の歯のみに力がかかるようなことがなく、歯全体に均等に力がかかるため、それにより健康な歯を損なうことなく長持ちさせることができます。また歯と歯の間に物が詰まりにくくなり、細かい部分までブラッシングすることができるようになりますので、虫歯や歯周病にもかかりにくくなります。そして噛む力が歯全体に均等にかかると、左右どちらかに過度な力がかかることで起こる顎関節症も発症しにくくなります。

治療方法

健康な歯であれば、歯列矯正により正しい噛み合わせにすることができます。

また歯を抜けたままで放置していたり、ご自身の歯や被せ物がすり減ってしまい、それが原因で噛み合わせが悪くなっている状態であれば、被せをやり直したり、歯がないところには、ブリッジ、入れ歯、インプラントのいずれかをいれて、それらを改善し噛み合わせを正しいものにします。

また噛み合わせが悪いと、就寝時に歯ぎしりや食いしばりをしてしまうことがあり、それをそのまま放置していると歯がすり減ったり、顎の関節に過度な負担がかかり顎関節症を引き起こしたりもしますので、そうした方には「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースを用いた治療を行い、歯や顎の負担を軽減し予防・治療いたします。

こんな方におすすめ

時々、歯や顎が痛む
時々、歯がしみる
どこかははっきりとはわからないが、歯に痛みを感じる
虫歯は無いと言われたが、痛みを感じる

噛み合わせは歯の健康を維持する上で、とても重要な要素です。ですので、少しでも歯に異変を感じられた時には、すぐにかわい歯科クリニックまでご相談ください。

また痛みやしみを感じたことがなくても、ご自身で噛み合わせに不安を感じられている場合も、そのまま放置して症状が発生する前にお早目にご相談ください。